酒々井町公共施設等総合管理計画について

2016年6月14日

酒々井町では、様々な行政需要に対応するため、昭和40年代から60年代に多くの公共施設等を整備し、行政サービスを提供してきました。

これらの公共施設等は老朽化してきており、その維持更新費用が増加することが見込まれています。

また、国立社会保障・人口問題研究所の推計を基に試算した45年後の人口は、現在と比較して約4割減少と予測され、さらに少子高齢化の進行等により税収の減少や扶助費の増大など厳しい財政状況となることが見込まれていることから、固定費ともいえる公共施設の維持更新費をいかにして適正な水準に抑えていくかが喫緊の課題となっています。

そのため、将来を見据え、あらゆる方策を展開し、町民が安心して住めるようしっかりとまちづくりを行っていく必要があります。

このような背景から公共施設等の規模の適正化や効率的管理、そして有効活用による公共施設等の全体最適化を図るため、酒々井町公共施設等総合管理計画を策定しました。

酒々井町公共施設等総合管理計画(766KBytes)

酒々井町公共施設等総合管理計画(概要版)(744KBytes)

お問い合わせ

企画財政課(財政関係)
管財班
電話(内線):043-496-1171(226)
ツイート シェア LINEで送る