ふるさと酒々井(ふるさと納税)

2017年2月3日
孝行息子の町、やすらぎの町「酒々井町」を応援してください! 皆様の力が酒々井町を元気にします!

ふるさと納税制度の概要

酒々井町の町名の由来はこちらをクリックしてください

「ふるさと納税制度」は、ふるさとを応援したい、貢献したいと思う市町村に寄附をした場合、確定申告の手続きを行うことにより、所得税や住民税が一定限度まで控除される制度です。

酒々井町に生まれ育った方、ゆかりのある方、親族や知り合いが酒々井町にお住まいの方など、ぜひ酒々井町にご支援いただきますようお願いいたします。

いただいた寄附金の活用

皆様からいただいた貴重な寄附金は、皆様のご好意にお応えするため、酒々井町が掲げる将来都市像「人 自然 歴史が調和した活力あふれるまち 酒々井」の実現に向けたまちづくりに有効に活用させていただきます。

寄附される際にご希望のメニューをいずれか一つ選択していただきます。

(1) 保健福祉 - 子どもから高齢者まで誰もがいきいきと輝くまちづくり
健康づくり、子育て支援、高齢者・障がい者福祉の充実など
酒々井町内写真
(2) 教育文化 - 豊かな心を育み歴史を活かした文化創造のまちづくり
教育環境の充実、国指定史跡本佐倉城跡をはじめとする文化財の保存整備など
酒々井町内写真
(3) 安全安心 - いつも安全で安心して快適に暮らせるまちづくり
防災・防犯対策の強化、環境保全・地球温暖化の防止など
酒々井町内写真
(4) その他
酒々井町の将来のまちづくりのために活用させていただきます。

寄附の申し込み方法

寄附のお申し込みは「寄附申出書」の提出、もしくは「電子申請」により行うことができます。

「寄附申出書」によるお申込み

寄附申出書に必要事項を記載していただき、郵送、ファックス、持参いずれかの方法により提出いただきます。

寄附申出書(159KBytes)

寄附申出書.doc(42.5KBytes)

「電子申請」によるお申込み

電子申請を利用の場合は、「寄附申出書」の提出は不要です。下記の「電子申請」にアクセスし、手続きを進めてください。

電子申請はこちら

寄附金の送金方法

寄附の払込方法

町指定金融機関での払い込み

「納入通知書」を郵送しますので、下記指定金融機関の窓口で払い込んでください。(振込手数料はかかりません)

 

(指定金融機関)

千葉銀行・成田市農業協同組合・京葉銀行・千葉興業銀行・千葉信用金庫・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・銚子信用金庫・みずほ銀行・りそな銀行・東京東信用金庫・三井住友信託銀行・中央労働金庫

その他の金融機関での払い込み

町への振込先をお知らせしますので、金融機関備え付けの振込用紙で払い込んでください(振込手数料がかかりますので別途ご負担いただくことになります。)

現金書留での払い込み

現金書留の場合は、企画財政課まで郵送してください。寄附金額を確認後、町より領収書を送付します。(郵送料等がかかりますので別途ご負担いただくことになります。)

クレジットカードでの払い込み

5,000千円以上の寄附の場合に「Yahoo!公金支払い(ヤフー株式会社)」によるクレジットカード払いが利用できます(決済手数料はかかりません)

「Yahoo!公金支払い」では、VISA・MasterCard・JCB・American Express・ダイナースのロゴが入ったカードであればすべて利用できます。

お申し込み手続き後、酒々井町から支払番号・確認番号をお知らせしますので、「ふるさと納税-Yahoo!公金支払い」のポータルサイト(以下のリンクをクリックしてください)から、「酒々井町」を選択し、画面の指示に従って操作してください。

 

外部サイト「ふるさと納税-Yahoo!公金支払い

持参いただく場合

企画財政課までご持参ください。事前にご連絡をお願いします。

寄附採納証明書の交付

寄附金の入金が確認されましたら、酒々井町から「寄附採納証明書」を郵送いたします。この証明書は、確定申告で税額控除を受ける際に必要になりますので、大切に保管してください。

 

納入通知書の場合

 

クレジット支払いの場合

 

※酒々井町では「寄附申出書」の提出、もしくは「電子申請」をしていただかない限り払い込み案内はいたしません。寄附の強要や詐欺行為には十分注意してください。

 

特産品等の贈呈

酒々井町では「ふるさと納税の推進」と「町特産品のPR」のため、10,000円以上の寄附をいただいた町外在住者の方には、酒々井町の特産品を贈呈しています。

「酒々井町特産品カタログ」をご覧のうえ、寄附申出書もしくは電子申請の際にご記入ください。

特産品カタログ.pdf(330KBytes)

税金面の控除について

ふるさと納税の控除額の計算について

ふるさと納税による控除の概要

酒々井町などの地方公共団体に対する寄付金(ふるさと納税)のうち2千円を超える部分については、一定の上限まで、原則として次のとおり所得税・個人住民税から全額控除されます。

  1. 所得税・・・(寄付金-2千円)を所得控除(所得控除額×所得税率(0~45%(※))が軽減)
  2. 個人住民税(基本分)・・・(寄付金-2千円)×10%を税額控除
  3. 個人住民税(特例分)・・・(寄付金-2千円)×(100%-10%(基本分)-所得税率(0~45%(※)))

→ 1、2により控除できなかった寄付金額を、3により全額控除(所得割額の2割を限度)

(※)平成26年度から平成50年度については、復興特別所得税を加算した率になります。

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

寄附金控除を受けるためには、寄附をした翌年に、確定申告を行うことが必要です(原則)

確定申告が不要な給与所得者等について、寄附金先が5団体以内の場合に限り、寄附先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

(平成27年4月1日以後に行われる寄附について適用)

 

・ワンストップ特例制度について⇒ふるさと納税ワンストップ特例制度を希望される方へ.pdf(122KBytes)

・申請に必要な書類⇒寄附金税額控除に係る申告特例申請書.pdf(453KBytes)

・申請後に住所が変更になった場合⇒寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書.pdf(187KBytes)

・本人確認書類等について⇒ワンストップ特例申請等の本人確認の添付書類について.pdf(151KBytes)

詳しくは総務省ホームページ内「ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。

参考

eLTAX(地方税ポータルシステム)ホームページ内「ふるさと納税をされた方のための確定申告書作成の手引き」をご覧ください。

(画像)確定申告が必要です

具体的な寄付金控除の例

具体的な寄付金控除の例
  • 上記の計算例は、一般的な計算例です。実際の控除額は、お近くの税務署か県・市町村の税務担当までお問い合わせください。
  • 法人の場合は、従来どおり地方自治体に寄附された全額を損金参入できます。

関連リンク 総務省ホームページ

寄附の申し出・問い合わせ先

・郵便番号
 285−8510
・住所
 千葉県印旛郡酒々井町中央台4丁目11番地
・担当(問い合わせ先)
 ふるさと納税制度について 企画財政課(内線223)
 税の寄付金控除について  税務住民課(内線111)
・電話
 043(496)1171
・FAX
 043(496)4541 
・メール
 フォームより企画財政課宛にお問い合わせください

 

お問い合わせ

企画財政課(企画関係)
企画総合調整班
電話(内線):043-496-1171(222)