「ながらスマホ」、「歩きスマホ」はやめましょう

2022年2月10日

「ながらスマホ」、「歩きスマホ」は自分だけでなく他人も巻き込む可能性があり大変危険です。絶対にやめましょう。

ながらスマホ

ながらスマホはスマートフォンを操作しながら歩いたり、自転車・自動車などを運転したりすることで、周囲への注意力が散漫になり自分自身だけでなく、他人にけがを負わせたり、他人の財産に損害を与えることもあり大変危険です。

歩きスマホ

歩きスマホは、周囲への注意力が散漫になり、歩行中の転倒や他の歩行者との衝突など、けがや事故につながる恐れがあります。

子どもや高齢者、車いすや視覚障害のある方、妊婦の方などとの接触事故につながる危険な行為であり、迷惑になります。

ながらスマホの罰則

自動車・自転車などの車両を運転中にスマートフォンを操作すると道路交通法違反となります。

自動車については、運転中にスマートフォンなどを操作した場合の罰則・違反点・反則金が令和元年12月1日から強化されています。運転中にスマートフォン等を使用しなければならないときは、必ず安全な場所に停車してから使用してください。

歩きスマホをしていて事故に遭った場合には、通常の事故よりも自身の過失割合が多くなる可能性や、スマートフォンを見ながら歩いていて他人にぶつかった場合には過失致死傷等の刑事責任を負うだけでなく損害賠償請求を受ける可能性があります。歩行中にスマートフォン等を使用しなければならないときは、必ず安全な場所、迷惑にならない場所であることを確認してから使用してください。

 

お問い合わせ

総務課
危機管理室
内線番号:216 ※ 内線番号は酒々井町役場代表番号( 043-496-1171 )に電話後お申し付けください
ツイート シェア LINEで送る