交通死亡事故多発 全国ワースト1位!

2019年3月18日

千葉県では交通死亡事故が年初から多く発生し、昨年と比べ死者数は減少しているものの、全国的に見るとワースト1位という深刻な状況が続いています。

交通死亡事故の特徴

  • 早朝、夕暮れ時の交通事故が多く発生しています。
  • 年齢層別でみると高齢者の死亡事故が最も多く、歩行中、自転車乗用中、いずれも他の年齢層よりも多く発生しています。
  • 特に歩行中は道路横断中、自転車乗用中は交差点で多く発生しています。
  • 状態別でみると、歩行中が最も多くなっています。

交通死亡事故をなくしましょう

歩行者の方へ

  • 道路を横断するときは、横断歩道を利用するほか、車が来ていないか、前後左右の安全確認を必ずおこなってください。
  • 早朝や夜間に外出するときは、明るい目立つ色の服を着用し、反射材を身に付けましょう。

自転車を利用する方へ

  • 「ちばサイクルール」を守りましょう。(千葉県ホームページ内)
  • 子どもやお年寄りの方は、ヘルメットを被るようにしましょう。
  • 交差点では、前後左右の安全確認を十分におこないましょう。

ドライバーの方へ

  • 早めにライトを点灯し、歩行者や自転車に注意しましょう。
  • 運転者からみて右側からの横断者との衝突を防ぐため、道路の右側にも注意を向けて走りましょう。
  • 横断歩道では、横断している歩行者や横断しようとしている歩行者がいないかよく確認し、横断している歩行者や横断しようとしている歩行者がいたら、横断歩道手前で止まりましょう。
  • ドライバーだけでなく、全ての座席でシートベルトを着用しましょう。
  • 飲酒運転は犯罪です。地域、職場、家庭、町民総ぐるみで飲酒運転の根絶を徹底しましょう。

 

関連リンク

◆最新の県内交通事故発生件数(千葉県警ホームページ)

◆千葉県ホームページ

お問い合わせ

総務課
危機管理室
電話(内線):043-496-1171
ファクシミリ:043-496-5455
ツイート シェア LINEで送る