蛇行剣~だれが使う何のための剣?~

公開日 2024年06月20日

文化財企画展「蛇行剣~だれが使う何のための剣?~」を開催します!

大型商業施設建設に伴い平成18~20年度に千葉県により発掘調査され保管されていた、飯積上台遺跡の出土遺物がこのたび18年ぶりに酒々井町に戻ってきました。

里帰りした出土遺物の中には、剣身がくねくねと曲がった「蛇行剣」という謎の剣が含まれています。

全国で80本程度しか出土数がない希少な剣で、千葉県内で出土しているのは唯一酒々井町のみです。
里帰りを機に、まだまだ性格が不明な部分の多い剣ですが、蛇行剣と出土した飯積周辺の古墳時代の状況について広く多くの方々に紹介し理解していただくべく企画展として開催します。

タイトル

酒々井町町制施行135周年記念展示 町内遺跡出土遺物里帰り記念企画展第1弾「蛇行剣~だれが使う何のための剣?~」

日時

令和6年6月18日(火)~7月21日(日) 8:30~17:15 祝日休館

場所

酒々井町中央公民館ロビー(千葉県印旛郡酒々井町中央台4-10-1)

主催

酒々井町教育委員会

申し込み

不要

参加費

無料

お問い合わせ

酒々井町教育委員会 生涯学習課文化財班

電話 043-496-5334

FAX 043-496-5323

蛇行剣ポスター[JPG:2.56MB]

ツイート シェア LINEで送る