令和元年台風15号からの一連の災害により被害を受けた住宅に対する支援制度について

2020年7月20日

住宅修繕緊急支援事業

令和元年台風15号、19号及び10月25日の大雨による被災者の生活の安定と住宅の安全確保を図るため、台風により被災した住宅の修繕にかかる費用の一部を補助します。

 

補助の対象となる住宅

令和元年台風15号、19号及び10月25日の大雨により被災した住宅で、「り災証明書」の判定結果が一部損壊のもの

※り災証明書の判定結果が半壊、準半壊の方には、個別に災害救助法に基づく応急修理のご案内をいたします。 

補助対象者

  • 現に自己が居住する住宅の修繕工事をする方 (借家の場合、所有者ではなく居住者が対象)
  • 修繕工事を行なう資力がない方 

補助対象工事

  • 被災した住宅の修繕工事に要する費用が10万円(税込み)以上の工事
  • 日常生活に欠かせない居室(居間、寝室、台所、トイレ、浴室、これらをつなぐ廊下)の修繕工事
  • 対象となる部位など
    1. 屋根、外壁、構造部材
    2. 内装(天井・壁・床)
    3. ドア、サッシ(ガラス交換含む)
    4. 上下水道、ガス、電気の配管・配線
    5. その他住宅設備(給湯器、換気扇など)

※家具、家電、フェンス、カーポート、外構等の修理費や処分費等は補助対象外です。

※令和元年9月9日以降に着手し、すでに完了しているものも補助対象です。

補助金額

修繕工事費用の20%(上限50万円)

※修繕工事に要する費用のうち、保険により補てんされた工事費用は対象外です。 

受付期間

令和元年11月20日(水)から 令和2年12月28日(月)まで

※令和3年2月26日(金)までに工事完了後の実績報告書をご提出ください。

受付場所

酒々井町役場分庁舎1階 まちづくり課計画整備班 

申請に必要な書類

次の書類を申請時に提出いただきます。

    1. 住宅の応急修理申込書(一部損壊)兼被災住宅修繕緊急支援事業補助金交付申請書 (第1号様式)
    2. 資力に係る申出書 (第2号様式)
    3. り災証明書の写し
    4. 修繕工事着手前の住宅の被災状況がわかる写真 ※
    5. その他町長が必要と認める書類

  ※「り災証明書」及び「り災証明」の申請時に提出していただいている写真だけでは被害の箇所および被害の程度が分かりにくい場合は、追加で写真の提出をお願いする場合があります。

○ 被害を受けた住宅に居住しているご本人が申請手続きをしてください。

○ 代理の方が手続きをする場合は、委任状が必要です。 

申請様式等

酒々井町被災住宅修繕緊急支援事業補助金交付要綱(67KB)

第1号様式 住宅の応急修理申込書(一部損壊)兼被災住宅修繕緊急支援事業補助金交付申請書(85KB)

第2号様式 資力に係る申出書(102KB)

第3号の2様式 修理見積書【補助金の場合】(108KB)

第6号様式 実績報告書(108KB)

第8号様式 交付請求書(103KB)

耐震性等の向上に資する補修確認書(32KB)

 委任状(31KB)

 

  

お問い合わせ

まちづくり課
計画整備班
電話(内線):043-496-1171(153,156)
ファクシミリ:043-496-5765
ツイート シェア LINEで送る