成人の風しん予防接種費用の一部助成について

2019年1月15日

風しんが成人の間で流行しています。風しんは、免疫力のない女性が妊娠初期に感染すると胎児に難聴、心疾患、白内障を主症状とする「先天性風しん症候群」という病気を引き起こすことがあります。

町では妊婦の感染予防を一層強化し、「先天性風しん症候群」の発生を予防するための対策として、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)または風しんワクチン予防接種費用の一部を助成します。

対象者

対象となる方は、次の(1)~(5)のいずれも該当する方です。

(1)予防接種を受ける日に満18歳以上で、かつ、町に住所のある方

(2)風しんにかかったことがない方又は風しんの抗体価が低下していると思われる方

(3)妊娠を予定もしくは希望している女性及び配偶者又は妊婦の配偶者(事実婚を含む)

(4)風しんワクチンを2回以上接種したことがない方

(5)過去に予防接種の助成を受けたことがない方

助成額

麻しん風しん混合ワクチン  5,000円    (風しんワクチン  3,000円)

※現在使われているワクチンは主に麻しん風しん混合ワクチンです

助成回数

1人1回

申請受付開始

平成31年1月15日~

※接種費用の助成対象は、平成30年12月1日以降の接種となります。

接種場所

・町内契約医療機関

    まえだ医院 (東酒々井1-1-77  043-496-3610)

  林内科小児科医院 (東酒々井3-3-98  043-496-3170)

  森のクリニック (中央台2-19-19  043-496-6770)

  しすい整形クリニック (中央台2-1-6酒々井西駅前ビル  043-481-6611)

・町外の医療機関

申請方法

【町内契約医療機関で接種する場合】

 (ア)平成31年1月15日以降に接種

  保健センター窓口にて申請し、予診票の交付を受けてください。(申請時、印鑑が必要です。)申請書は事前にダウンロードできます。

  医療機関に事前に申し込みの上、予診票を持参し接種を受けてください。接種金額から助成額を差し引いた額を医療機関で支払いください。

 (イ)平成30年12月1日~平成31年1月14日に接種

  医療機関で接種した後、必要書類を持参し保健センター窓口で申請手続きを行ってください。申請書は事前にダウンロードできます。

 必要書類等

  領収証、ワクチン接種済証など接種したワクチンの種類等がわかる書類、印鑑、振込先のわかるもの

  ※接種翌日から2年以内に申請してください。

 (ア)、(イ)共通

  風しん抗体検査を受けた方は、申請時に抗体検査の結果をご提示ください。

【町外の医療機関で接種する場合】

 12月1日以降に接種された方は、町内契約医療機関で接種する場合(イ)同様に手続きをしてください。

補償等

接種後万が一健康被害があった場合、町内契約医療機関で接種した場合は千葉県市町村予防接種事故補償等条例に基づく補償を受けることができます。町外の医療機関で接種した場合は前記条例の適応とはならず、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく補償のみとなります。

 

申請書1 町内契約医療機関用(46.1KBytes)

申請書2 町外の医療機関用(62.9KBytes)

お問い合わせ

健康福祉課(保健センター)
電話(内線):043-496-0090
ツイート シェア LINEで送る