酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金制度

2017年4月1日

高齢者・障がい者の方へ 耐震シェルター・防災ベッドの整備費用を補助します

大地震への対策を考えるうえで、住宅の地震対策は耐震改修工事が最も直接的な効果があると言われています。

しかし、耐震改修工事が経済的な理由などから行えない場合には、万一家屋が倒壊しても一定の空間を確保することで命を守る装置として比較的簡単安価に設置できる耐震シェルター」や「防災ベッド」があります。

そこで町では、特に避難弱者となる高齢者の方や障がい者の方に対し、耐震シェルター・防災ベッドを整備する費用を補助します。(平成30年度まで)

受付期間

平成29年4月17日(月)から平成30年1月31日(水)まで

必ず工事の契約、着工前にまちづくり課まで相談のうえ、申請手続きを行ってください。

対象となる方

次の各項目をすべて満たす方

  1. 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅を所有する方(所有者の承諾を得られた方も含む)
  2. 当該年度の末日に満65才以上の方、または障がい者の方が居住している世帯
  3. 町税等を滞納していない方
  4. 暴力団員でない方

対象となる住宅

次の各項目をすべて満たす住宅

  1. 酒々井町にある自己所有の木造住宅(在来工法)で、一戸建て住宅、または併用住宅(2階建て以下)
  2. この要綱による補助金の交付を受けて、耐震シェルター等の整備がされていないこと。
  3. 過去に、町で実施している他の制度で住宅耐震工事等の補助を受けていない住宅
  4. 建築基準法、都市計画法および関係法令等に違反していないこと。

補助金額

一戸につき、いずれか1台とします。

1.耐震シェルター:全額(ただし上限50万円、千円未満切り捨て)

2.防災ベッド:全額(ただし上限20万円、千円未満切り捨て)

  • 整備に伴う、床の補強工事、家具の転倒防止工事、運搬等に要する費用も含みます。
  • 耐震シェルター、防災ベッドについては、地震発生時に、居住している住宅の倒壊から自らの命を守ることを目的とし、住宅内の一部に耐震性の高い空間を確保するもので、公的機関により安全性の評価を受けたものを補助対象とします。

申請方法について

所定の申請書に、必要書類を添付して、まちづくり課に提出してください。

なお、申請者と住宅所有者が異なる場合は、耐震シェルター等を整備することについて、住宅所有者の承諾が必要です。

申請の際、承諾書(第2号様式)を提出していただきますので、予め、所有者の承諾を得ておいてください。

補助金交付申請(契約前に一番始めにする申請です)

  1. 酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付申請書(第1号様式)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付申請書(第1号様式)(20.5KBytes)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付申請書(第1号様式)(47.7KBytes)
  2. 町税等の納税に関する申告書(第1号様式の2)
    町税等の納税に関する申告書(第1号様式の2)(19.2KBytes)
    町税等の納税に関する申告書(第1号様式の2)(36.4KBytes)
  3. 申請者と住宅所有者が異なる場合、耐震シェルター等を整備することについて、住宅所有者が承諾していることを確認できる書類(第2号様式)
    承諾書(第2号様式)(19.0KBytes)
    承諾書(第2号様式)(21.8KBytes)
  4. 家屋証明書等、昭和56年5月31日以前に建築されたことが確認できる書類
  5. 見積書等補助金対象経費が確認できる書類の写し(設置業者の記名、捺印のあるもの)
  6. 障害者または高齢者世帯の住民票の写し、または身体障害者手帳の写し等
  7. 案内図、平面図(整備予定場所を明記する)、整備予定場所の写真
  8. 委任状(代理者によって申請を行う場合)
補助金交付決定前に、着手した場合には、補助金を交付することはできませんので、注意してください。

完了実績報告(整備完了後に提出してください)

  1. 酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金完了実績報告書(第7号様式)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金完了実績報告書(第7号様式)(19.4KBytes)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金完了実績報告書(第7号様式)(36.1KBytes)
  2. 耐震シェルター等の整備に係る契約書の写し
  3. 耐震シェルター等に係る請求書および領収書の写し
  4. 整備前、整備中および整備完了後の写真
  5. その他、町長が必要と認める書類

整備完了後20日を経過した日、または平成30年2月末日のいずれか早い日までに提出してください。

補助金変更申請(申請内容等に変更がある場合、申請してください)

  1. 酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金変更申請書(第4号様式)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金変更申請書(第4号様式)(19.2KBytes)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金変更申請書(第4号様式)(32.6KBytes)
  2. 変更内容のわかる書類

変更が発生した場合には、速やかに申請してください。

補助事業の取下げ、または取止め届(申請を取下げる、または整備を取止める場合は、提出してください)

  1. 酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金取下げ(取止め)届(第6号様式)

酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金取下げ(取止め)届(第6号様式)(19.1KBytes)

酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金取下げ(取止め)届(第6号様式)(29.5KBytes)

補助金の請求

  1. 酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付請求書(第9号様式)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付請求書(第9号様式)(19.8KBytes)
    酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付請求書(第9号様式)(42.6KBytes)

補助金交付要綱・手続きの流れ・ご案内について

酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金交付要綱(134KBytes)

酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助事業の流れ(118KBytes)

酒々井町木造住宅耐震シェルター等緊急整備費補助金のご案内(125KBytes)

お問い合わせ

まちづくり課
計画整備班
電話(内線):043-496-1171(156)
ファクシミリ:043-496-5765
ツイート シェア LINEで送る