マイナンバー(個人番号)の「通知カード」と「個人番号カード」について

2015年10月2日

通知カード(住民票を有する全ての方)

  • 通知カードは、10月5日時点の住民票の住所へ順次、書留郵便で届きます(世帯単位)。
  • 通知カードは、基本4情報(氏名、住所、生年月日、性別)とマイナンバーが記載された紙製のカードです。

 

通知カード(表面)

 通知カード表.png

 

通知カード(裏面)

通知カード裏.png

 

 

 

書留郵便に同封されるもの

  1. 通知カード
  2. 個人番号カード交付申請書と返信用封筒(交付を希望する場合に使用)
  3. マイナンバー(個人番号)についての説明書類

 

個人番号カード(希望する方)

  • 通知カードと一緒に送付される「個人番号カード交付申請書」を使って希望者が申請(郵送またはWEB)することにより平成28年1月から順次交付され、公的な本人確認書類として利用することができます。申請された方には平成28年1月以降、個人番号カード交付通知書が郵送されるので、同封された案内に従い、住民票の住所地にある市区町村役場にて個人番号カードをお受け取りください。なお、受け取りの際はご本人確認が必要になります。
  • 個人番号カードは、表面に基本4情報(氏名、住所、生年月日、性別)と顔写真、裏面にマイナンバーが記載されたICカードです。
  • 有効期限は、20歳以上の方は発行後10回目(未成年の方は5回目)の誕生日までです。
  • 税の電子申告(e-Tax)に必要な電子証明書が標準搭載されます。
  • 初回発行手数料は無料です。
  • 個人番号カードの交付を受ける場合は、通知カードは回収いたします。
  • 住民基本台帳カードをお持ちの方が個人番号カードの交付を受ける場合は、住民基本台帳カードおよび通知カードは回収いたします。

 

個人番号カード(表面)

 個人番号カード表.png

 

個人番号カード(裏面)

個人番号カード裏.png

 

 

ご注意いただきたいこと

  1. 交付開始当初(平成28年1月から)は、申請が集中し混雑することが予想されますので、個人番号カードの受け取りまで期間がかかることが予想されております。
  2. 個人番号カードには電子証明書が標準搭載されますが、平成28年1月から3月においては個人番号カードの交付が遅れることが予想されますので、個人番号カードにより確定申告をする予定の方はご注意ください。

 

マイナンバー制度の最新情報および詳しい内容は、内閣官房ホームページまたは関係省庁特設サイトをご覧ください。

 

内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」

国税庁ホームページ「社会保障・税番号制度」<マイナンバー>

厚生労働省ホームページ「社会保障・税番号制度」(社会保障分野)

 

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせは、下記のコールセンターにお問い合わせください。

 

0570-20-0178 (全国共通ナビダイヤル)

 

※平日9時30分~17時30分(土日祝日・年末年始を除く)

※ナビダイヤルは通話料がかかります。

 

 

外国人住民の皆様(多言語対応)は、下記サイトをご覧ください。

 

内閣官房ホームページ(Other Languages)

 

 

 

 

お問い合わせ

税務住民課(住民関係)
住民班
電話(内線):043-496-1171(127)
ツイート シェア LINEで送る