社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

2015年7月7日

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)は、住民票を有する全ての方に12桁の個人番号(マイナンバー)を付して、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うことで、社会保障・税制度の効率性、透明性を高め、皆様にとって公平・公正な社会を実現することを目的とする制度です。

マイナンバー制度の最新情報および詳しい内容は、内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」または関係省庁特設サイトをご覧ください。

 

内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」

国税庁「マイナンバー特設サイト」

厚生労働省「マイナンバー特設サイト」

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせは、下記のコールセンターにお問い合わせください。

 

0570-20-0178 (全国共通ナビダイヤル)

 

※平日9時30分~17時30分(土日祝日・年末年始を除く)

※ナビダイヤルは通話料がかかります。

※外国語対応は0570-20-0291におかけください。

 

マイナンバー 今後のスケジュール

 平成27年10月から

  • 住民票を有する全ての方に12桁のマイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」が書留郵便で届きます。(世帯単位)
  • マイナンバー通知後、「個人番号カード」(顔写真付きのICカード)の交付を希望する方は、申請することができます。(申請書は通知カードと一緒に郵送されます)
  • 法人には、1法人1つの法人番号(13桁)が指定され、通知書が届きます。

 ◆番号が漏えいし、不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。

 平成28年1月から

  • 社会保障、税、災害対策の行政手続でマイナンバー(個人番号)の利用が開始されます。
  • 希望者の申請による「個人番号カード」(顔写真付きのICカード)の交付が開始されます。

平成29年1月から

  • 国の機関同士での情報連携が開始されます。

平成29年7月から

  • 地方公共団体等でも情報連携が開始されます。

  

  

  

 

お問い合わせ

税務住民課(住民関係)
電話(内線):043-496-1171(127)
ツイート シェア LINEで送る