物品・委託部門における電子入札システムの実施について

2014年3月31日

酒々井町では、建設工事、測量・コンサルタント業務については「ちば電子調達システム」を利用した電子入札を実施しておりますが、平成25年度から物品・委託についても電子入札を実施します。(平成25年度中に試行・本格実施予定)

ちば電子調達システムについて

酒々井町が導入する「ちば電子調達システム」は、平成23年4月から稼動している千葉県と県内の団体が共同で利用するシステムです。参加している団体であれば、1枚のICカードを用いて電子入札に参加することができます。

詳細については、「電子入札の事前準備と手続きについて」をご覧ください。→電子入札の事前準備と手続きについて

ICカード等の取得

電子入札に参加するには、ICカードとICカードリーダが必要となります(有料)。

カードおよびカードリーダの取得については、発行元である各認証局にお問い合わせください。(1枚のカードがあれば、建設工事・測量等・物品・委託すべての入札に参加できます。)

各種設定

ICカードおよびカードリーダを取得した後、使用するパソコンに以下のとおり各種設定が必要となります。

1.電子入札専用ソフト

各ICカードの認証局から提供されますので、使用するパソコンにインストールしてください。

2.java.policyの設定

使用するパソコンに設定が必要となります。

設定値については、「電子入札の事前準備と手続きについて」を参照ください。

3.利用者番号の取得

利用者番号をお持ちでない事業者は、「ちば電子調達システム」のトップページ「システム入口」→「システム利用申請」から、利用者番号の取得が必要となります。

なお、他団体の電子入札に参加しており、利用者番号を既に取得している場合は、新規に取得する必要は無く、その番号を使用できます。

4.利用者登録

上記各種の準備と設定が整ったら、電子入札に参加するための必要手続きとして、ICカードの利用者登録を必ず行ってください。(利用者登録の際に利用者番号が必要)

電子入札システムは参加している団体の共同利用となっていますが、ICカードの利用者登録は、電子入札に参加したい団体ごとにそれぞれ行う必要があります。(参加希望団体に一括登録が可能)

酒々井町の電子入札に参加するためには、調達機関で「酒々井町」を選択して、利用者登録を行ってください。

既に登録済みのICカードをお持ちでも、酒々井町への利用者登録を行わなければ、酒々井町の電子入札に参加することが出来ません。

紙入札での参加について

酒々井町の入札については、全ての案件を原則電子入札で実施しますが、物品・委託の入札について、当面の間は紙入札での参加も可能とします(ICカード等を取得しない場合)。

ただし、入札案件についての公告・資料の閲覧およびダウンロード等については、すべて「ちば電子調達システム」の「入札情報サービス」から行うこととなります(ICカード等が無くても閲覧およびダウンロードは可能とします)。

なお、紙入札で参加する場合については、入札案件ごとに財政課管財班に事前連絡の上、紙入札方式参加届出書の提出が必要となります。紙入札での参加について

 

ツイート シェア LINEで送る