証明書発行までの時間を短縮

2014年3月31日

戸籍の作成から証明書発行までを電算化

住民サービスの向上や事務の効率化を目指し、戸籍事務の電算化を進めています。

平成22年9月27日(月)から戸籍事務電算システムを稼働させ、戸籍の作成から証明書発行までを電算処理で行えるように整備します。

迅速な証明書発行

現在、出生届や婚姻届などの戸籍の届出を受理した後、戸籍の原本にタイプライターで記載し、それを複写して証明書を発行しています。

戸籍事務が電算化されると、今までの作業をコンピュータで処理するため、証明書の発行までの時間が大幅に短縮されます。

使用文字は「正字」になります

新たに電算化する戸籍に使える文字は、常用漢字や人名用漢字などの辞典に正しいと認められている文字「正字」となります。

そのため旧字体などで漢和辞典などにない文字は使用できなくなります。そのような文字が現在の戸籍に記載されている場合は、対応する文字に直して記載します。

住所地番の変更

本籍の地番号、住民票住所の地番号表記に枝番があるものは、「の」の文字を削除します。

(例)3番地の1→3番地1

戸籍謄抄本の形が変わります

証明書は、現行のB4判縦書き形式から、A4判横書きの個条書き形式に変わります。

認証印は朱色から黒色の電子公印に変わり、証明書の複写などによる改ざんを防止する特殊な用紙を使います。

問い合わせ

千葉県酒々井町役場住民課住民班

TEL:043−496−1171

内線:125・126・127・128

 

ツイート シェア LINEで送る