防災行政無線を用いた全国一斉緊急情報の伝達試験結果について

2014年3月31日

地震や武力攻撃などの災害時に、全国瞬時警報システム「J-ALERT」から送られてくる国からの緊急情報を、防災行政無線放送を用いて確実に皆様へお伝えするため、全国一斉に緊急情報伝達訓練が平成24年9月12日(水)の10時頃及び10時30分頃実施されました。

当町におきましては、10時頃実施の試験放送につきまして、国からの情報は受けましたが、J-ALERTと町防災行政無線を接続する外部インターフェースの電源のトラブルが発生し、防災行政無線放送が行われませんでした。

原因としましては、外部インターフェースの電源を防災行政無線親局の電源ユニットより取っていましたが、この電源ユニットの電力変換部(AC . DCインバータ)の故障により接続機器の電源が入らなかったため、防災行政無線による自動放送がされなかったものであります。

なお、10時30分頃の放送につきましては、この外部インターフェースの電源系統を変えて防災行政無線放送を実施しました。

今後、機器等の状況を確認し、必要な対応をしてまいりたいと考えています。

 

ツイート シェア LINEで送る