ひとり親家庭の福祉

2017年3月31日

児童扶養手当

ひとり親家庭や、親と一緒に生活していない児童を養育する家庭の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

受給資格者

次の要件にあてはまる18歳の年度末までの児童を監護している父または母や、父または母にかわってその児童を養育している人です。ただし、所得制限があります。

なお、児童の心身に基準以上の障害がある場合は、20歳未満まで手当が受けられます。いずれの場合も国籍は問いません。

 

  1. 父母が離婚した後、父または母と一緒に生活をしていない児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が一定程度の重度の障害にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が裁判所からDV保護命令を受けた児童
  7. 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 未婚の母の児童
  9. その他、生まれたときの事情が不明である児童

支給額

児童1人の場合、全部支給額は 42,290円で、一部支給は所得に応じて月額 42,280円 ~ 9,980円までの10円きざみの額です。

第2子の場合、全部支給で月額 9,990円で、一部支給は所得に応じて月額 9,980円 ~ 5,000円までの10円きざみの額です。

第3子以降は、1人増すごとに全部支給で月額 5,990円で、一部支給は所得に応じて月額 5,980円 ~ 3,000円までの10円きざみの額を加算します。

ひとり親家庭等医療費等助成

18歳の年度末まで(児童の心身に基準以上の障害がある場合は20歳未満まで)の児童を養育する母子家庭の母、父子家庭の父または父母にかわって児童を養育する配偶者のない人およびその児童が保険医療給付を受けた場合、医療費の自己負担額の一部を助成します。ただし、所得制限があります。

 

 

お問い合わせ

健康福祉課
福祉班
電話(内線):043-496-1171(134.135)
ツイート シェア LINEで送る